BoseIronFactory’s

HAYABUSA Iron

​The Extreme Golf Clubs

HAYABUSA Iron

​アイアンの常識を覆す究極の性能

ヘッド左右のMOIを最大化

​独自のソール形状でフライヤー激減

HAYABUSAウェッジ譲りの抜け

マッスルバックの操作性

BoseIronFactory’s

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

HAYABUSA Iron

BoseIronFactory’s

HAYABUSA Iron

The Ultimate Irons

Features

​ヘッド左右MOIの最大化

​激減したフライヤー

HAYABUSAウェッジ譲りの抜け

卓越した操作性

​心地よい打感

距離ロスの低減

低重心化

ロフト表示

​トーナメントプロに求められる性能を突き詰めて行ったらアマチュアにも優しいマッスルバックになりました。

​1打に喜び、1打に泣くトーナメントプロ。
プロの1打を縮めることを考えていくと、アマチュアでは3~5打に相当する性能が求められます。

しかも、マッスルバックという限られた資源の中で、矛盾するとも言える数々の要望を解析していった結果、大胆にもバックフェース中央に窪みを持たせることでその多くの要望を解決。
三木龍馬プロを始めとする数多くのトーナメントプロのクラブを作り、調整してきたファルコンまつばらだからこそ、言い訳の出来ないクラブを創ることが出来ました。

プロの戦場もアマチュアの楽しいラウンドも行われるのはゴルフ場です。

練習場の人工芝ではなく、実際に芝の上から打って、初めてその凄さが分かるアイアンです。

​ファルコンまつばら
(クラブデザイナー、チューナー)